私のダイエットレシピ

私のダイエットレシピ

今やダイエットという言葉は国民的な言葉になっており、様々なダイエット方法を紹介する本やDVDが出版されています。ネット上で検索してみると非常に多数のダイエットやダイエットレシピを扱ったサイトを見ることができ、有名な大食いタレントなどもサイトを公開して人気を集めているようです。このようにダイエットは今までに実に多くの人が挑戦し、そして失敗を重ねてきた取組みであり、飽食の時代と言われる現代社会に生きる我々にとって永遠の課題になっているとも言えます。ダイエットを実践するときに基本となるのが運動と食事だと思いますが、どちらも継続的に行っていくには多大な努力が必要です。私の食事について考えてみると、以前はどうしても揚げ物系の高カロリーのものや、刺激の強い味を求める傾向がありました。こうした食生活を改善するために魚と野菜中心の食事に変更し、量的にも大幅に少なくする取り組みをはじめました。始めた当初は量が少なくて物足りなく思いましたが、それでも一定期間継続すると、身体もなれてくるのか苦にならなくなりました。胃の大きさも食事量に合わせて変化するようです。量的な問題は身体も段々と慣れてきますが、困るのはメニューです。ネット上で紹介されている低カロシー食は、油や脂肪分の多い部位を丁寧に取り除いたり材料を工夫したりするなど、かなり手間が掛っています。こうしたことは、手間を掛けずに簡単に早く出来る食事を望む私には取り入れにくいものでした。そうした場合に困るのが、私が食べることができるダイエットレシピが極めて少なくなり、どうしても同じものの繰り返しになることです。新たなダイエットレシピにチャレンジし、メニューを増やすことは現在の私にとっての大きな課題ですが、こればかりは思うように進んでいません。ネット上には摂取カロリーが抑えられて、かつ量的にも満足できる食事として蒟蒻を中心とする極端なダイエットレシピなども紹介されていたりします。しかし、極端な食事制限は長続きしませんし、身体にも良くないと思います。私の経験から言えば、食事量を抑えることは十分可能で、しかもそれを継続するための努力もそれほど苦にはなりませんでした。勿論、こうした食事制限ができない方も多数おられると思いますが、普通よりちょい太り気味である私に出来たのですから、私とおなじような多くの人にとっても可能なことでないかと思います。こうした課題は残るものの、改善した食事を継続することにより体重の増加は止まりそして減少に転じました。しかしそれでも一度身に付いた内臓脂肪を取り去るまでには至っていません。そのためには、今後さらに継続的に運動に取組み、更に健康な身体になるよう取り組んでいきたいと考えています。

ダイエットサイト(外部)
ダイエット 食事
ダイエットドリンク
Copyright (C) 私のダイエットレシピ All Rights Reserved